チラシの裏ストーリーズ

楽しいものの見方、考え方を追求するブログ

ヒップホップイベントに行こうとした話

極限まで肥大化した自意識は、バカにするとめちゃめちゃ面白い。 

 

皆さんは、ヒップホップという音楽はご存知でしょうか?

ヒップホップというのは、(僕の認識では)ラップやDJなどを用いた音楽のことで、元々は黒人が鬱憤を晴らすために生まれた音楽なのだそうです。

 

そのため、ヒップホップにはどことなく「無法地帯、不良の音楽」といったイメージがついています。

 

 

かつては「HIPHOP?お尻が跳ねる?楽しそう!」位のイメージしか無かった僕ですが、様々なものの影響を受けて、いつの間にか興味を持ってきました。

 

そんな中で昨日、twitter上でヒップホップイベントの案内を見ました。

それは参加型ではなく、お客さんとして見に行く、ライブ形式のものでした。

 

それを見た瞬間、特に何も考えずに行くことを決めました。

 

 

そして今日、午後6時20分。僕は家を出て、電車に乗りました。

 

このとき気づきました。僕はなんと身分不相応な事をしているのかを。

 

 

そもそも僕は人に会うことが苦手な人種です。特に会話より雰囲気やノリを大事にする人とは上手く交流できません。

 

さらに僕の身なりも。染めもパーマもしていない髪の毛に、ありふれた眼鏡、それに中学時代から着続けているTシャツ。

 

下手すりゃ小学生の時から一切ファッションセンスが変わっていません。

 

つけてる腕時計すら幼稚、もはや妖怪ウォッチそりゃ押しつけられるわ校内掃除。(駅までの道のりで考えていた韻)

 

 

しかも電車内で、おそらく僕と同じ会場に向かっている人を見つけました。

 

なぜ分かったのかというと、その人のファッションセンスというか・・・・・・、

言ってしまえば、彼の帽子には、”葉っぱ”のイラストが描かれていたのです。

 

そういう不良っぽいアイテムがあれば会場に入りやすいのでしょうが、僕はそんなものを一切持たずに会場に向かうRPGの防具縛りプレイみたいな事をしていました。

 

 

他にも駅には若者が大勢いました。

 

会場に近づくほど都会になるのですが、駅に停車する度電車内の若者率が上がっていって。

「こんな人たちとライブを楽しむなんて・・・、嫌だ、若者怖い!」

とおびえていました(俺もまだ19歳の若者)。

 

正直誰も僕の事なんて気にしないのでしょうが、それでも着飾った若者に囲まれると、自分のみすぼらしさに引け目を感じてしまうのです。

 

 

ようやく目的の駅に着きました。

しかし、このときから「帰る」という選択肢が脳内を支配していました。

 

ブログも「若者怖い!(俺もまだ19歳の若者)」と書いてオチにしよう、そして帰ろう、とか考えていました。

 

でもなんとか会場に向かいました。

 

向かっている途中、何度も信号に引っかかり、「これは神様が帰るよう促しているのでは」とか思っていました。

 

 

そして会場前最後の曲がり角。

僕は帰ることを決めました。

 

こんなのばっかりですいません。僕は元々勇気の無い人間なんです。

 

なぜそうしたのかというと、実は、その最後の道が、夜の街というか・・・、言ってしまえば風◯街だったのですね。

 

僕はそういった所に近づきたくなかったのです。

別に誰に見られるわけでもないのでしょうが、誰かに見られたら嫌だな、と思って。あと個人的にも近づきたくなくて。

 

あのー、もし僕が怪物になって、あなたの街を襲いそうになったら、その街に風◯街を建ててください。その地区には近づきませんから。

 

ということで、10分かけて歩いてきた道を引き返すことにしました。

 

 

引き返す途中で、チラシ配りのお兄さんに声をかけられました。

 

僕は普段、配られた物はなるべく受け取ります。

なぜなら、僕は昔チラシ配りをしたことがあって、そのときに無視されるのがめちゃめちゃ辛かったからです。

 

今回も例に漏れずチラシを受け取りました。

 

すると、その人は積極的に話しかけてくれる人で。

 

「ほんとに受け取ってくださるとは!今は何されているのですか?」

 

「えーと、帰りです。」

 

「あ、◯◯駅に、ですね。学生さんですか?」

 

「えっ、はい。・・・2年生です。」

 

「良いですね~遊びどきですね~!」

 

「まあ・・・。(苦笑)」

 

いや全然遊べてないっつーの!

今まさに諦めて帰ろうとしてるの!遊ぶの下手すぎるの僕は!

 

ほんと今日の出来事を全部言おうかと思いましたよ。流石に対応に困ると思ったので辞めましたが。

 

 

その後僕は、なんとか別ルート、つまり怪しい店の近くを通らずに近づけるルートを探しました。

 

そしたら一応見つかりました。

でも「もしこの曲がり角を曲がったら、結局”そういう”店ばかりの道があるんだろうなー」と思って、最後の曲がり角の手前で立ちすくんでいました。

 

そこは丁度橋の上で、下に流れる川を見下ろしていました。

 

ここで引き下がったら今日一日がとってもつまらない日になる。

でも正直ここまでの出来事はめちゃめちゃ面白かった。

ブログのネタにも十分だ。

・・・・・・・・・。

 

何万歩より距離のある一歩を、僕は踏み出せずにいました。(こんなことに引用される車輪の唄かわいそう)

 

f:id:jyarin:20190525210959j:plain

そのとき撮った写真。作品名:『葛藤』

 

・・・結局僕は会場に向かうことはできず、駅に戻ることにしました。

 

 

そして今、家でこのブログを書いています。

 

交通費往復500円を無駄にして、手に入れたのは不動産屋のチラシだけでした。

 

敗因を考えると、今回のイベントには「初心者も歓迎!」の文字が無かったことだと思います。

 

ただでさえ怖い文化なのに、入って良いのかも分からないイベントに入ることは、僕にはできませんでした。

 

初心者お断りでお友達じゃない男達に囲まれると、この育ちのいい僕はきっと棒立ちのままでしょう。

 

今度は、ちゃんと「初心者も大歓迎!」の文字があるイベントにトライしようと思います。

もしできたら、またブログにも書きますね。

 

 

ただ、今回の旅は、例えイベントには行けなかったとしても、僕にとっては刺激的なものでした。

 

この記事の中で出てきた冗談も、ほとんど道中で思い浮かんだ物です。

明らかにいつもより頭が冴えていて、下手すりゃラップバトルしてても勝てるくらいでした。

本当はイベントにも行ってた方が良かったのですが、今の僕はこのくらいの刺激でも十分ですね。